sexyphoto777のツイッターアカウントについて

    sexyphoto777というツイッターアカウントがあるようですが、当ブログとは一切関係ありません。

    涼一のツイッターアカウントは https://twitter.com/Ryoh_ichi になりますが、
    セクシーな写真類は全くありません。MMD製作用です。
    MMDに興味がお有りでしたら、お立ち寄り下さい。

    涼一
    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1016(艦これ島風)


    img_228757_9377742_4_201608112132293ac.jpg 




    ご無沙汰しております。
     
    最近の涼一、なにをしているかというと、
    相変わらずアメーバピグで遊んではいるものの、
     
    ここのところ、「艦これ」二次創作などを鑑賞しています。
     
    それにしても「艦これ」
    すごい人気ですよね。
     
    それまで比較的地味だった軍艦プラモデルの売り上げは、
    ゲーム配信開始前と比較すると、なんと、
     
    5倍から10倍くらいまでにも跳ね上っているとかで、
    その人気のすさまじさを思い知らされるところです。
      
     
    それにしても、なぜこんなにウケるんですかね?
    とかいいつつ、自分がハマっていますから、
     
    なぜ「艦これ」ウケているのか。
    を今回は、自分なりに解析してみたりします。
     

     
    ・キャラデザインが、多数の手で描かれている。

    アニメでもゲームでも、キャラクターデザインというのは、
    通常、一人の人間がこなすものでして、
     
    例外的に「スペシャルデザイン」として別の人が一つ二つ程度の
    特別キャラクタを別枠で描いたりしますが、それでも概ねは違和感ないように
     
    主たるキャラデザインから、大きく絵柄が外れるようなことはありません。
    しかしながら、「艦これ」のキャラクタデザインは、
     
    パッと見からでも、絵柄が明確に違います。 
     
    装備などのコンセプトは統一されているのに、
    ここまで絵柄が全く違うというのは、なかなか他に無いモノでして、
      
    当初はその違いに不自然さを感じてしまうくらいです。
     
    普通なら。
     
    ですが、この絵柄の違いこそが、「飽きさせない」という現象につながっている。
    と、涼一は思っています。
     
    というのも、お察しのとおり、一人が描いた絵で絵柄や絵のクセが同じだと、
    一つ飽きてしまうと、全部飽きてしまいがち。
     
    ところが、絵柄が違うと、世界観とコンセプトは同じなのに、全く別のモノに見えてくるんです。
     
    最初「気に入った絵柄キャラ」があると、それ以外は目を向けないものですが、
    そのうち一つ見飽きてきた時に、他の絵柄を見ると、その中でのお気に入りを探してしまう。
     
    そうすると、それまで興味なかった「他の人が描いたキャラ」に愛着が湧いてしまう。
    キャラデザインは10人程度のデザイナーの手で描かれているので、
      
    そういった新鮮さが何回も味わえてしまう。
    そうなってくると、
     
    「なんであんなキャラが人気なんだ?」と思っていたものが、
    「人気あるわけだよな~!」となってしまうわけなのです。
     
     
     
    ・キャラクタは軍艦の化身。
     
    「軍艦を擬人化」の謳い文句どおり、
    出演しているかわいい女の子たちは「艦艇乗組員」ではなく、
     
    「軍艦そのもの」です。
     
    しかも、史実に存在した軍艦ですから、キャラクタは架空ではあるものの、
    存在自体は、実際にいた人(船)たちであるわけです。
      
    そして、現実世界で戦っていた人(船)たちですから、
    姿はかわいい女の子であるにも関わらず、来歴は建造年月日から始まって、
     
    どのような海戦に出撃して、いつ退役したのか、
    それらを探せば。すべて史実があるわけです。
     
    そこには、架空の話ではなく、史実が元ネタなどもある。
     
    例えば、重巡洋艦「足柄」は戦前、英国での観艦式に出席し、
    その姿を見た英国マスコミから、
     
    「Hungry Wolf(飢えた狼) 」と評されたわけですが、
    これは、武骨一辺倒で居住性の悪さを皮肉交じりに評したものの、
     
    当時の日本としては、良い意味で受け止めた。という逸話が残っております。
    その話を、擬人化した女の子に置き換えてみると、
     
    「飢えた狼」⇒「(男に)飢えた狼」⇒「合コンがうまくいかないアラサー女子」
     
    などとパロディ化されたりして、  
    想像は膨らむばかり。
     
    これ、素直に面白いですよね。
     
     
    そして、例えば「島風」が何故あんなに露出度の高い服を着ているか。
    そりゃあもう、日本の軍艦の中で「島風」が最速だったわけですから、
      
    普通よりは身軽な服装であるのは、これはもう必然的なわけです。 
    エロさを狙ったのではなく、最高速駆逐艦ですからそういう姿なのです。
     
    と、堂々と言えてしまうし、理由づけできてしまう(笑)
     

     
    ・リアルメカも、空想系メカも両方満足できる
      
    80年代中盤から始まったメカと女の子路線の「パワードスーツ」系のファン。
    そして、そういうのがあまり好みでなく、ドイツの戦車など史実のメカファン、 
     
    パワードスーツ系が好きなら、駆逐艦「夕立」のフィギュアなど、大喜びでしょうし、
    リアル系が好きなら、従来からの艦船モデルの駆逐艦「夕立」を作ってみればいい。
     
    どっちも同じ駆逐艦「夕立」なわけですから、まったく別の系統の趣味でありながら、
    一つの物語を楽しめてしまう。
     
    この懐の深さが、「艦これ」の力ではないかと思ったりします。
     
    ちなみに、涼一も小学生のころ、ウォータラインシリーズを
    なけなしのおこずかいから買って、作っておりました。
      
    こんな時代が来るなんて(笑)
     
     
     
    あ、好みですか?
    「摩耶」改二です(笑)
      
    では、また★





     
    PICT1485.jpg 
     
     
     

      
     PICT1460.jpg 
     
     
     
     
      PICT1785.jpg 
      
    img_228757_9450920_3_20160811213231fdf.jpg 
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
    20120614234850bde_201608112132285bc.jpg 


    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ
    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1015(ミニスカツーピース)


    img_43835_100093_0.jpg 



    またまたご無沙汰しております。
     
     
     
    久しぶりにレイナさん(男の娘)を撮影してきました。
     

    去年撮影してから丸一年。
    去年と同じ水色のツーピースにて撮影ですが、
     
    パンプスはレイナさんが新規で用意したものです。
     
     
    最近すっかり撮影しなくなってしまいましたが、
    ご依頼があれば馳せ参じますので、
     
    気になりましたらメールフォームからお気軽にどうぞ。
    ちなみにライブハウスでのバンドの撮影もできます ←
     
     
    では、また◎

     
     
     
     
     
     
     
     
     


    PICT6111.jpg 
     
     
     
      
    PICT6209.jpg   
     
     
     
     
    PICT1507.jpg 
     
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
    MINOLTA AF 50mm/f1.7New
    レイナ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1014(バドガール)

    mika1.jpg 
     
     
     来たる8月19日は、
     
     
    α Sweet  DIGITAL  発売10周年!
     

     
    日進月歩のデジカメにおいて、
    10年落ちのデジ一眼を今でも使っています(笑)
     
    買ったのは7年前でして、当時は三年落ちでしたが、
    なんだかんだで月日が経ってまして、
     
    0~9999のファイル№も恐らく20周くらいしているのではないかと。

    一応同じ機種4台持ってまして、撮影に使うのは2台にしています。
    本当はレンズ画角を変えたのを装着すればいいのでしょうが、
     
    室内だと、撮影距離が限られているので、
    その2台ともボディ・レンズ共に同じ構成にしています。

    というか、ボディで言えば4台とも同じ設定にしています。
     
    それとは別にα350を用意してますが、こちらは予備の予備機なので、
    ほとんど出番はありません。
     

    なんで今も使っているかというと、馴染んでいるからとしか言えないですが、
    600万画素だとファイル数が多くできる上に、画質的にも充分なので、
     
    他に移り様がないというか(笑)
     
     
    ご存じの方はご存知でしょうが、
    途中でα55とかニコンD40とか使ってみたのですが、
     
    毎秒10連写など用途的に不要で、EVFは思ったより見づらい。
    D40は低輝度でもピントに迷いが無いですし、画質もいいのですが、
     
    ブラケット機能がついていないので、そこが譲れない。
    で、結局、元のカメラを使用しています。
     
    このままだと5年後も今のカメラを使ってるのではないかとも思いますが、
    その前に撮影自体をやめてしまう可能性も無いこともないので、
      
    どうなっていることやら。
     
     
    ちなみに、涼一のカメラ、ヤフオクだと一万円切っていますので、
    「撮影に熱が入って、壊してもいいようなカメラ」をお求めの方におすすめです。
      
    メーカフラッグシップの高級カメラだと、カメラのせいにできないですが、
    一万円のカメラなら、カメラのせいにできる特典もあります(笑)
     


    では、また★
     



     
      
     
     
    PICT8503.jpg    
     
     
     
     
    PICT8750.jpg   
     
     
     
     
    PICT8993.jpg   
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
      PICT4293.jpg 
     
    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

        

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1013(チアリーダー)

     
    img_228757_9377742_4.jpg 



     


     「写真というのは苦しいものである」
     
    というのは、かつて各カメラ雑誌で精力的に執筆されていた、
    写真家のサンダー平山氏の言葉です。
     
     
     サンダー平山さん、いつの間にか亡くなられていたようでして、
    かなり昔に氏の著作物を購入した身としては、
      
    ちょっと寂しい感じがします。
      
    この方の著作物を読むと、意外に歯に衣を着せないというか、
    わりとストレートに表現するところがある上に、
     
    「~なのだ」の断定口調も迷いが一切ないので、
    カメラを始めた頃は、よく目を通しておりました。
     
    「大口径・単焦点主義」でもありましたので、
    涼一もその影響を少し受けてるかもしれません。
     
     
    で、冒頭のセリフは著作物「ポートレートの撮り方」の表紙を、
    開いたところの著者紹介の顔写真とともに、書かれておりまして、
     
    当時はその意味がよく解らなかったのですが、
    今となっては最も実感する言葉でもあります。
       
    写真は出来栄えが良ければ「楽しい」「嬉しい」ですが、
    しかし、思ったように撮れないのが写真の常。
      
    それを表現するにあたっては、辛いというより、
    まさに「苦しい」が当っているのかもしれません
     
     
    ところで、前述の著作物をあらためて眺めてみると、
    掲載されているポートレートに奇抜なものはなく、
     
    実にオーソドックスでして、
    誰が見ても万人受けするような写真です。
     
    アマチュア向けと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
    それでもこのくらい撮れるようになれれば、どんな女性でも、
     
    撮られて喜んでくれるのではないかと。
     
    しかしながら、中には、
    「モデル8割」などとも書かれていますので、
     
    その辺はやはり歯に衣を着せないのかもしれません。
     
     
    8割の残り2割は、撮影側が目指す部分。と暗示している言葉ですが、
      
    その2割に「苦しさ」が沢山詰まっているわけでして、
    それを埋めるには、これはもう経験を積むしかないと思います。
     
     
    逆に言うと、苦しく感じるようになるくらいなら、
    きっと良い写真が撮れるようになるはず

    なのだ。
     
     

    では、また。
     
     



     
    PICT2384.jpg    
     
     
       
     
    PICT2440.jpg   
     
     
     
     
     PICT3720.jpg  
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
    バナーeuna

    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1012(アニマル柄ミニスカ)

     
    081203-crop_.jpg




    そいえば涼一、転勤しまして、
    今は大都会勤務になっています。
     
    という涼一自身の話はともかく、
    以前セクシー写真館994で書いた、
     
    「綺麗な女性がたくさん」の職場は既に去っておりますが、
    そこで遭ったグダグダ話を一つ(笑)
     
     
      いや、そこの職場は本当に綺麗な女性ばかりいまして、
    「ポートレートでも」とも思って、わりと親しく話す女性に、
     
    声をかけてみたんです。
     
    もちろん、セクシーな写真などは無理でしょうから、
    サンプルとしてケータイに入っているポトレ写真を何枚か見せて、
     
    撮影させてほしい旨を伝えたところ、
    はっきりとした返事はなかったものの、脈あり的な反応だったので、
     
    「他言無用」ということをお願いした上で、
    少しこのブログのこともお話しして、
     
    ここで載せている様な写真も追加でお見せしたら、
    あまりそういう写真を見る機会がないためか、
     
    興味深そうに見てくれたんです。
     
    いずれにしても、セクシーな写真はあくまで参考。
    撮りたいのは屋外のポートレートであることを強調して、
     
    日取りなどを進めてみようかと思ったのですが、
    その点については、さっきと同様やや曖昧な回答でして、
     
    要するに「そのうちに」的な結論で、その場は終わったんです。
     
    もちろん撮れるものなら、セクシーな写真も撮ってみたいですが、
    年齢が30代半ばの女性なので、確かに見た目は綺麗でも、
     
    そういう系統は、難しいところもあるだろうと思いつつ、
    反面、そのくらいの年齢なら、そういう話を持って行ったとしても、
     
    大げさに驚いたり、必要以上に嫌悪感を抱かれることはないだろうと
    思ったりもしていたんです。 
     
    その時までは。
     
     
    で、二ヶ月くらいしてから、はっきりした返事をもらおうとした矢先に、
    涼一の隣の席に座っている同僚が、
     
    なぜか涼一がその手の写真を撮っていることを知ってまして、
    少しギョッとしながら、情報先の探りを入れてみると、
     
    その女性がスピーカーのごとく話しておりました。
     
    正直がっかりしましたね。
     
    「他言無用」と何回も念を押したにもかかわらず、
    しかもわざわざ隣の席の人間にまで話してしまうという無神経さ。
     
    少し腹立たしく思いながら、直接本人に問いただしてみると、
    「もう言いません」だそうです。
     
    言ってしまった後に「言いません」と言われたところで、
    どうしたものかと。
     
    しかも、肝心の撮影については、
    「友達と一緒なら」とか、中学生みたいなことを言い出したので、
     
    面倒くさい話になりそうだったので、
    こちらからお断りしてしまいました。
     
    仕事上だけだったのかもしれませんが、
    それでも普段はとてもいい人だっただけに少々残念。
     
     
    それと、女性は本人に利害がない他人の「秘密」については
    秘密にできないものなのだなぁっと、あらためて認識した次第。
     
    そういうのって偏見と思う人もいるかもしれませんが、
    あながち間違っていないような気もします。
     
    っと、今回は愚痴っぽくなりましたが、
    何事もうまくいくわけではありませんので(笑)
     
     
    では、また◎ 
     


      

     
    PICT1915.jpg   
     
     
     
     
    PICT1966.jpg 
     
     
     
     
    PICT2058.jpg  
     img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン

    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1011(バドガール)

    mika1.jpg 
     
     
    なんとミカさん、
     
    再撮影に応じて頂けましたー!パチパチパチ
     
    しかも、夏の間にもう数回ほどの撮影もOKだそうでして、
    涼一、俄然張り切ってます(笑)
      
    こちらでコメント頂けたのと、ミカさんがお友達などに画像を見せたところ、
    概ね好評とのことだったらしく、逆に涼一少し感謝されてしまいまして、
     
    大変恐縮です◎
     
    で、少々感想を伺ったところ、以前ユウナさんも同じことを述べてましたが、
    「自分じゃないみたい」だそうです。
     
    普段のミカさんも他のモデルさん同様、
    わりと普通というか、比較的地味な服装ですので、
     
    自分に合うかどうか不安だったところがあったようですが、
    実際に写真で確認して、安心したようです。
      
    涼一的には、これでもっと自信を持ってくれればなどと思っていますが、
    いずれにしても、ミカさんこれから毎日美容のために
     
    スクワットを20回することにしたそうですので、
    次回は更に美しくなっているんじゃないかと、
     
    今から勝手に妄想しております(笑)
     
     
    ちなみに今回の衣装、ユウナさん用に用意したものだったのですが、
    サイズが合わずお蔵入りしていたところを、
     
    ミカさんに着ていただいた次第。
    やっぱりバドガール、いいですよね。
     
     
    ということで、ミカさんの夏はこれから始まります。
     
     
     
    では、また★
     



     
      
     
     
    PICT8811.jpg   
     
     
     
     
    PICT8823.jpg  
     
     
     
     
    PICT0532.jpg  
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
      PICT4293.jpg 
     
    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

        

    web拍手 by FC2
    NEXT≫
    プロフィール

    涼一

    Author:涼一
    涼一のセクシー写真館へようこそ

    オリジナル写真でお届けします。
    (エロではありません。セクシーです)

    注)sexyphoto777のツイッターアカウントは当ブログと一切関係ありません。

    画像の著作権は涼一に帰属します。

    撮影のご依頼は受け付けておりません。

    画像の転載は、改変・加工せずに無料で閲覧できるサイトでしたら良識の範囲でご自由にどうぞ。
    (ご一報頂けると、ありがたいです)

    ブログよりもっとセクシーな写真を
    リンク
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブログ内の検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    バナー
    sexyphoto777.blog111.fc2.com/
    クリックすると300pxが表示されます
    URL引用せずにDLしてお使いください
    バナー製作:Anyo Clip
    アクセスカウンター
    累計訪問者数
    (2012/06/04~)

    現在の閲覧者数:
    その他のお知らせ
    撮影済み衣装のヤフオク出品 マイ・オークションをごらんください


    サンスポ掲載
    2012年12月22日(土)発行版

    web版はこちら→ADULTサンスポ

    夕刊フジ掲載
    2013年3月19日(火)発行版 img-328083653-0001.jpg