セクシー写真館1012(アニマル柄ミニスカ)

     
    081203-crop_.jpg




    そいえば涼一、転勤しまして、
    今は大都会勤務になっています。
     
    という涼一自身の話はともかく、
    以前セクシー写真館994で書いた、
     
    「綺麗な女性がたくさん」の職場は既に去っておりますが、
    そこで遭ったグダグダ話を一つ(笑)
     
     
      いや、そこの職場は本当に綺麗な女性ばかりいまして、
    「ポートレートでも」とも思って、わりと親しく話す女性に、
     
    声をかけてみたんです。
     
    もちろん、セクシーな写真などは無理でしょうから、
    サンプルとしてケータイに入っているポトレ写真を何枚か見せて、
     
    撮影させてほしい旨を伝えたところ、
    はっきりとした返事はなかったものの、脈あり的な反応だったので、
     
    「他言無用」ということをお願いした上で、
    少しこのブログのこともお話しして、
     
    ここで載せている様な写真も追加でお見せしたら、
    あまりそういう写真を見る機会がないためか、
     
    興味深そうに見てくれたんです。
     
    いずれにしても、セクシーな写真はあくまで参考。
    撮りたいのは屋外のポートレートであることを強調して、
     
    日取りなどを進めてみようかと思ったのですが、
    その点については、さっきと同様やや曖昧な回答でして、
     
    要するに「そのうちに」的な結論で、その場は終わったんです。
     
    もちろん撮れるものなら、セクシーな写真も撮ってみたいですが、
    年齢が30代半ばの女性なので、確かに見た目は綺麗でも、
     
    そういう系統は、難しいところもあるだろうと思いつつ、
    反面、そのくらいの年齢なら、そういう話を持って行ったとしても、
     
    大げさに驚いたり、必要以上に嫌悪感を抱かれることはないだろうと
    思ったりもしていたんです。 
     
    その時までは。
     
     
    で、二ヶ月くらいしてから、はっきりした返事をもらおうとした矢先に、
    涼一の隣の席に座っている同僚が、
     
    なぜか涼一がその手の写真を撮っていることを知ってまして、
    少しギョッとしながら、情報先の探りを入れてみると、
     
    その女性がスピーカーのごとく話しておりました。
     
    正直がっかりしましたね。
     
    「他言無用」と何回も念を押したにもかかわらず、
    しかもわざわざ隣の席の人間にまで話してしまうという無神経さ。
     
    少し腹立たしく思いながら、直接本人に問いただしてみると、
    「もう言いません」だそうです。
     
    言ってしまった後に「言いません」と言われたところで、
    どうしたものかと。
     
    しかも、肝心の撮影については、
    「友達と一緒なら」とか、中学生みたいなことを言い出したので、
     
    面倒くさい話になりそうだったので、
    こちらからお断りしてしまいました。
     
    仕事上だけだったのかもしれませんが、
    それでも普段はとてもいい人だっただけに少々残念。
     
     
    それと、女性は本人に利害がない他人の「秘密」については
    秘密にできないものなのだなぁっと、あらためて認識した次第。
     
    そういうのって偏見と思う人もいるかもしれませんが、
    あながち間違っていないような気もします。
     
    っと、今回は愚痴っぽくなりましたが、
    何事もうまくいくわけではありませんので(笑)
     
     
    では、また◎ 
     


      

     
    PICT1915.jpg   
     
     
     
     
    PICT1966.jpg 
     
     
     
     
    PICT2058.jpg  
     img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン

    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1009(ボンデージとショットガン)

     
    081203-crop_.jpg


     以前、

    「更新1000回の暁にはボンデージ画像写真集でも」
    と書いておきながら、何もやっておりませんでしたので、
     
    その代わりに、ちょっとづつですが
    アップしていきたいと思っています。
     
    思っているだけなので、途中でフェードアウトするかもしれませんが(笑)
     
     
     ところでボンデージ衣装、撮影するにあたっては、
    ちょっと注意が必要でして、

    そのまま撮影すると、白トビしてしまいます。
     
    これは、カメラの拾う反射率は全てのモノの平均反射率の値、
    18%を基準としているからでして、

    黒い衣装だと反射率が18%以下になりますから、
    カメラのほうで「暗いから光を多く取り入れよ」という指令が出てしまいます。
     
    すると、シャッターの開く時間が長くなったり、
    絞りが開く方向になりますので、露光が多くなります。
     
    そうすると、黒い部分はまだいいとしても、それ以外の明るい色が、
    白くなり過ぎてとんでしまいます。
     

    それを防止するのは、露出補正という方法がありまして、
    「+/-」と書かれたボタンを使って、マイナス補正をしてあげます。
     
    要するに最初から基準値よりも露出を少なめにしておくわけです。
    そうすると、黒い衣装が黒く写る◎ 

     
    ここまで読んで気づかれかもしれませんが、
    白い衣装の場合は逆にプラス補正をしてあげます。
     
    そうすると白い衣装が白く写る。
     
    意外に基本的なことなのですが、うっかり忘れてしまって、
    何コマも無駄にしたことがあったりします。
     
     
    ということで、今回はこれにて。
     
     
    では、また★
     
     
     

     
    PICT5815.jpg  
     
     
     
     
    PICT5577.jpg
     
     
     
     
    PICT5745.jpg 
     img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン

    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1006(ボンデージ)

     
    081203-crop_.jpg


     以前から何度も書いてますが、
    涼一がセクシー写真を撮り始めたのは、
     
    ボンデージを撮りたかったから
     
    です(笑)
     
     
    で、これまた何度も書いてますが、
    その昔にボンデージブームがありまして、
     
    その手の本をよく買いあさったものでした。
     
    でも、その当時の衣装というのは目ん玉が飛び出るくらい高価でして、 
    例えばビスチェだけでも1万5千円くらい平気でしたものですから、

    上から下まで揃えると、概算で6~7万円くらいしてしまう勢いでして、 
    指を咥えて見てるしかなかったという(笑)
     
     
    アダルトショップでもその当時コスチュームは扱ってましたが、
    それでも先日、通りかかりのお店を覗いたら、
     
    その頃と比較すると異様に安い◎

    そういう意味では、ほんとうにイイ時代になったと思います。
    でもその分だけ、その当時のドキドキ感が薄れたのも事実でして、
     
    それについては良いのか悪いのかわかりませんが(笑)

     
     
    では、また★
     
     
     

    PICT1489.jpg 
     
     
     
     
    PICT1634.jpg 
     
     
     
     
    PICT1549.jpg 
     img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン
    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館1003(妖しいメイド)

     
    081203-crop_.jpg

     

     
    今から数えること8~9年前、
    爆発的に増えたメイド喫茶でしたが、
     
    最近は涼一が見る限り、下火のような感が否めません。
    というより、もはや定番になってしまったのかもしれませんが。
      
     
    しかしながら、秋葉原の街を歩くと、旧LAOXザ・コンへ行く裏道あたりなど、
    5m置きにチラシ配りのメイドさんがいまして、
     
    メイド喫茶じゃくともメイド服だったりして、
    ありがたいのやら、そうでないのやら(笑)
      
     
    コスプレ写真としても無難なんですよね。
    女性にとって、最も抵抗感がない衣装である上に、
     
    ロングのメイド服なら、ある程度年配の女性でも
    それなりに似合ったりします。
      
    年齢差を超えて、かつ女性が「着てみたい!」と思わせるもので、
    それでいて、誰が着てもイケる◎
     
    そういう衣装って、なかなか他にないような気がします。
     
     
    メイド服。恐るべし◎
     
     
     
    では、また★

     
     
     
     
    PICT3467_20150626191927bb3.jpg  
     
     
     
     
    PICT3794.jpg
     
     
     
     
    PICT6447 (2)

     
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン
    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館999(セクシーアーミー)

     
    081203-crop_.jpg 


     
     またまたブログランキングに登録してしまいました(笑)
    これで5回目(笑)
     
     ということで、ブログ村からお越しのあなた、
    どうもはじめまして、涼一です。
      
    それと、更新していない間も定期的に来てくださってたあなた、
    どうもありがとうございます&すみません。
     
    2年間ほどアメーバピグで遊んでました。
     

     で、お初の方も多いと思いますので、あらためて自己紹介などなど。
     

     本職は技術系会社員のアマチュアカメラマンです。
    写真歴はそろそろ15年くらいでして、
     
    写真を始めた頃はフィルムのMF一眼カメラでしたが、
    2008年頃にデジ一眼に乗り換えて現在に至ります。
      
    その2008年に買ったデジ一眼は、コニカミノルタの α Sweet DIGITAL。
    現在使用してるカメラは、コニカミノルタの α Sweet DIGITAL。
     

    600万画素から全然進化してないです(笑)
     
      
    いやいや、高い最新のカメラを買ったからといって、
    女の子を綺麗に撮れるわけではありません◎

    なんていうことも時々言ってますが、お見知り置きを。 
     

    ちなみにこのブログは、「写真系ブログ」ですので、
    いわゆる「エログ」ではありません。なので、そういう話はあまり出ませんが、
     
    よろしくお願いします◎
     
     
     
     
     そいえばですね、先日久しぶりにカノンさんに連絡したところ、
    返信が届いて、お元気そうな様子でした。
     
    そのうちまた会えるかな?などと思いながら、
    何度も読み返してしまった次第。
     
    そんなカノンさんの渾身の一作を今回はお届け。
     
     
     
    では、また★
     





    PICT1030.jpg 
     
     
     
      
     PICT1045.jpg
      
      
       
     
     
    PICT7787.jpg  
     
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン   
    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ
    web拍手 by FC2

    セクシー写真館990(続・韓国が反日のワケ)

     
    081203-crop_.jpg



     そいえばですね、以前ここに掲載した
    韓国が反日なワケ」が、誰かの手によって
      
    動画になってました(笑)↓




    (注意:音声が出ます)
     


    YouTubeの動画制作者のコメントに
    「考えてみました」とありますが、
     
    涼一の文をコピペで写しただけで、


    考えてないじゃないの(笑)

      
    と一人、心でツッコんでしまいましたが、
    広く知ってもらいたい意味もありますので、
     
    この件については不問にします(笑)
     
      
    閲覧者のコメントを読むと、細かい指摘や
    批判もありましたが、概ねは評価頂いていると思った次第。
     
    知らないと何となく怖くて、その気持ちが逆に
    美化をしがちの韓国ですが、
     
    知れば、別に怖くありません(笑)
    というか、面白い国だと涼一は思っています。
     
    涼一の経験則だと、韓国のことをよく知らない人に限って、
    異様に韓国を美化・擁護したがる傾向があります。
     
    勝手な理想と思想を韓国や中国に仮託して、
    それに当てはめようとするんですよね。
     
    なので、自分の「理想(を仮託した)」である国が、
    日本を批判したりすると、その通りだと思い込んでしまう。
     
    かつて北朝鮮を「地上の楽園」と称した人々がいましたが、
    全く同じ構図です。
     
    北朝鮮を知らないで、自分の理想を仮託したから
    厚顔無恥にそのようなことを平気で言ってしまったわけですが、
     
    それから50年近く経った今も、
    同様の思考回路の人たちが存在するわけです。
     
    いわゆる「リベラル」と呼ばれる人々ですが、
    涼一も若い頃はリベラルぶってたので、気持ちは分かります。
      
    リベラルの人々は、どこまでもイメージでしか話していない!(笑)


    印象や雰囲気や情緒や人柄や「かわいそう」などの感情論。
     

    こういうものに左右されがちなところがあります。
    それを知っている韓国は、日本人のそういう所を突いてきます。
     
    だからこそ、韓国の反日は「悲壮感や切迫感」で行っているのではなく、
    そこにあるのは、日本叩きによる「民族的快感」だという、
     
    韓国の感情論を知っておく必要があります。
     
    つまり、
    韓国の日本叩きは、韓国人の国民的な楽しみなわけです。
     
      

    最近、韓国の現政権による反日外交に対し、韓国の現実主義の学者が、
    苦言を呈したのですが、その内容というのは、
     
    反日は心地よいが、必ず離米につながる」という具合です。
     
    苦言を呈しているのに、「反日は心地よい」と自白しているわけですが、
    韓国の新聞も反日行為を「痛快」などと表現することもあります。
       
    これらを見ても、いかに日本叩きが気持ちいいのか判ると思います。
    ちなみにこの快感には安心感も含まれます(笑)
     
    たとえば「日本の右傾化!」と言うことによって安心できるんですね(笑)
    実際右傾化しているかどうかなんて問題ではない。
     
    レッテル貼ることが快感で、安心感を得ているわけです。
     
     
    そもそも右傾化(保守)の反対は左傾化(リベラル)なのですが、
    その場合はそういう言葉を使わず「良心的」とか言ってます。
     
    保守的かリベラルかではなく、右翼か良心勢力かというイメージ論。
    このような事柄でも、感情論であるわけです。
     
     
    こういった現実を一つ一つ知ることによって、
    「よく分からない怖い国」から、見方が変わります。
      
    口悪い人は「知れば知るほど嫌いになる国」と言ったりしますが、
    涼一的には、「知れば知るほど面白い国」と思っています。
     
    なぜなら、例えば靖国関係だと、
     

    ・終戦記念日に首相が靖国参拝を見送り →「評価しない」といって批判
    ・年末に首相が靖国参拝        → 批判
     
     
    参拝しようがしまいが、どっちでも批判なんですから、
    これほど矛盾して笑える話も無いと思います。いや、面白いです。
        
    要するに批判して自ら快感に耽っているだけの話ですから、
    これをいちいち真剣にとらえる日本人のほうがどうかしている、
     
    と涼一は思います。
     
    そんなことは、オ○ニーに手を貸すようなもんです(笑) 
     
     
    繰り返しますが、
    韓国の日本批判に対し、真剣に取り組もうとする人は、
     
    目の前に出されたイチモツを、
    一緒にしごいているものだと思ってください(笑) 
      
      
    ちょっと品のない話になりましたが、
    今回はこれにて。
     

     
    では、また★
     



     
     
      PICT0766.jpg 
      
     
     
     
    PICT0220.jpg 



      
    PICT0088.jpg 

     

     
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン

    web拍手 by FC2

    セクシー写真館976(ヒョウ柄ボディコン)

     
    081203-crop_.jpg



     
     先日「15年前にネットから拾い集めた画像の保存CD」
    という話を書きましたが、
     
    その中で、7年くらい前に気に入っていた「拾い画像CD」があったのをみつけたんです。
     
    焼いてあったCDの中身は、SMというか、ピアス系の画像でして、
    その中でも、アソコにピアスをしていた、ある女性の画像がすごく好きだったんです。
     
     
    その女性は、顔は薄ぼかしでハッキリは見えないにもかかわらず、
    かなり綺麗な女の子に見えまして、
     
    しかも肌の張り具合からいって、十代後半から二十代前半の様子。
    そんな女の子が、アソコにいくつものピアスをつけていて、
     
    しかも、ピアス以外にもフックなどを引っかけて、
    そこから伸ばした紐などを、別の場所にくくりつけたり、
     
    野外で、下半身だけ露出させて、キラリと光るピアスを見せながら、
    微笑んでいる様子に、かなり惹かれたことがありました。
     
     
    で、その後すっかり忘れていたのですが、先日古いCD集を漁ったら、
    一緒に出てきまして、再び眺めることに数時間、耽ってしまいました。
     
     
    モニタに映し出されるその女の子は、
    その後どうなったのか、
     
    ふと思って、検索をかけてみたところ、
     
     
    今も、続けていることが分かり、驚いたんです。
     
     
    7年くらい経過しているのにもかかわらず、
    その当時と変わらない可愛さ、というか綺麗さを持っていたのも凄いですが、
     
    なにより、アソコとピアスが進化していまして、
    元々少しタトゥーを入れていたのに、今では、
     
    おしりのほうや、女性が一番敏感な部分まで彫ってしまっており、
     
    付けるピアスも、かつてはリングだけだったのが、
    重りやら南京錠やらミニ手錠やらと、重量級になっていて、
     
    そして、相も変わらず微笑みながら、センスの良い服をたくしあげて、
    屋外で露出を繰り返している様子でした。
     
    写真自体は、撮影している男性のセンスもあって、
    この手のもの特有の湿っぽさと汚さがなく、
     
    晴れ渡った空の元で、観光地などで行楽客を背景にしているものが多いので、
    変な卑猥さがなく、ポトレとしても通用するような感じでもあるわけです。
     
    7年近く経ってもどちらかが飽きることなく、撮る側も撮られる側も、
    全く変わらず続けていたモチベーションと、
     
    女性の「ピアスを付けているアソコを見せたい」という露出への執着心と、
    そしてそれを撮り続けている男性のバイタリティと二人の信頼関係に、
     
    少しながら感動すら覚えてしまいました。
     
    「継続は力なり」と言いますが、
    この時は本当にそう思ってしまった涼一でした。
     
     
    女性の「見せたい願望」が強いことが大前提であっても、
    それをうまく魅せるのは撮る側ですので、
     
    たとえそのような写真であろうと、女性の姿形はもちろん、
    シチュエーションまで考慮した上で、綺麗に撮ることが、
     
    その女性の見せたい欲を満たしてあげられて、
    ひいては、次の撮影機会に繋がっているのだと思います。
     
    これが画質が悪かったり、アソコのアップばかりの
    単なる「スケベな写真」であったのなら、
     
    ここまで続くことはなかったであろうと思っています。
     
     
     
    そう考えると、どういう内容や方向性であろうと、
    女は綺麗に撮ることが最も大事だと、
     
    ここでもあらためて実感した次第です。
     
     
    では、また★



       
     


      
     
     
     
     
    PICT0190.jpg  
     
     
     
     
    PICT0472.jpg

     
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン


    衣装を色々出品中→こちら

    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ web拍手 by FC2
    NEXT≫
    プロフィール

    涼一

    Author:涼一
    涼一のセクシー写真館へようこそ

    オリジナル写真でお届けします。
    (エロではありません。セクシーです)

    注)sexyphoto777のツイッターアカウントは当ブログと一切関係ありません。

    画像の著作権は涼一に帰属します。

    撮影のご依頼は受け付けておりません。

    画像の転載は、改変・加工せずに無料で閲覧できるサイトでしたら良識の範囲でご自由にどうぞ。
    (ご一報頂けると、ありがたいです)

    ブログよりもっとセクシーな写真を
    リンク
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブログ内の検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    バナー
    sexyphoto777.blog111.fc2.com/
    クリックすると300pxが表示されます
    URL引用せずにDLしてお使いください
    バナー製作:Anyo Clip
    アクセスカウンター
    累計訪問者数
    (2012/06/04~)

    現在の閲覧者数:
    その他のお知らせ
    撮影済み衣装のヤフオク出品 マイ・オークションをごらんください


    サンスポ掲載
    2012年12月22日(土)発行版

    web版はこちら→ADULTサンスポ

    夕刊フジ掲載
    2013年3月19日(火)発行版 img-328083653-0001.jpg