セクシー写真館862(ピンクのボディコンシャス)

     
    081203-crop_.jpg




     今回は、少々長くなる上に、
    興味ない方もいるかもしれませんので、

    先にいつもの画像を掲載してから、お届けします◎

     
     

      PICT4747.jpg
     
     
     
     
    PICT4642.jpg 
    img_228757_9450920_3.jpg
    MINOLTA AF28mm/f2.8
    バナーカノン





    で、ここからが今回の本題。
    というか、単に旅行記録です(笑)

    春頃に職場で突然、

    「黒四ダム発電所の見学会があるから行かない?」

    と言われまして、二つ返事で承諾したものの、
    何回か延期になってしまいまして、その後、夏前に

    「10月頃」と言われて、
    「もういいや」

    とか思っていたのですが、先に行った人の話によると、

    「絶対行ったほうがいいよ」

    ということだったので、気を取り直して行って参りました◎

    関電の見学会なので、関電職員の添乗付きでして、
    普段、一般客が入れないルートを使って、黒部ダムまで抜けるとのこと。

    仕事関係での見学は時々ありますが、
    ここまで規模の大きい見学会は初めてかもしれません。



     黒部ダムへは、「立山黒部アルペンルート」が整備されていまして、
    長野側からなら、扇沢からトロリーバスに乗るか、

    富山側からなら、立山駅からケーブルカーと、同じくトロリーバスなどを経由して、
    黒部ダムへ向かう、二通りのコースがあるのですが、

    今回は、そのニつとは違う、第三のコースを辿った次第◎

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で欅平(けやきだいら)から、抜けるルートです。



    DSC00793.jpg 

     
    早朝、富山地方鉄道で宇奈月温泉駅へ向かいますが
    途中の駅で、関西地区にお住まいの方には、とてもおなじみの車両に出会います。


    DSC00815.jpg 


    宇奈月温泉駅まで一時間あまり揺られて、黒部峡谷鉄道に乗換えますが、
    乗る電車はなんと、

    「工事列車」(笑)

    一般客扱いする便ではなく、字の如く、黒部ダム工事関係者が乗る車両です。


    DSC00836.jpg 
    (赤い表示で工事列車)

    で、ここから関電の案内人が随行しまして、
    途中、色々な説明を繰り広げながら、ひたすら登ります。



    DSC00864.jpg 

    工事列車なので、工事関係者が途中駅で下車しますが、
    越冬用の資材や食料なども積んで来ていて、それを降ろす姿も見えます。

    ちなみに時速16km/hくらいでして、乗車時間は小一時間。
    終点の欅平の到着。

    DSC00892.jpg 


    普通なら、ここが終点なので、駅付近の足湯などに入ってから、
    帰りの電車に乗って、元来た方向へ戻るのですが、

    なんと、この先に工事関係者のみが乗れる、
    上部専用鉄道」というのがありまして、

    とりあえず、この駅の先からトンネルを少し入ったところで下車し、
    そこからエレベータで200m上昇します。

    そんなところにエレベータが有った事自体知りませんでしたが、
    エレベータ内にも線路がついてまして、

    小さな貨車一両でしたら、そのまま載せて上がることができます。


    PICT5567.jpg 


    エレベータで上がりきったところにあったのが、
    「欅平上部駅」

    これはもう幻の駅と呼んでいいのかもしれません(笑)


    PICT5582.jpg 


    そこに停まっていたのは、電池式の小さな車両でして、
    これに乗り換えます。

    ここから6kmほど、この車両に乗って、地下発電所へ向かうことになりますが、
    乗車時間はおよそ30分程度。

    途中に駅とはいえない駅もあります。

    あ、ここからはヘルメット着用になりまして、
    以降、発電所の昼食時以外は、

    黒部ダムまでヘルメットをかぶり続けることになります。



    PICT5612.jpg 


    車内は狭くて、客車というより、人車と言った感じ。
    まさに「坑内人車」というのがぴったりですが、

    座席は一応、普通のロングシートタイプです。
    でも狭いですが(笑)


    PICT5715.jpg 


    着きましたよ◎
    出迎えの職員さんが立派な会議室説明してくれます。


    PICT5725.jpg


    発電機を回す水車です。
    でかいです。

    触っていいそうなので、触ってみましたが、
    コレ、鋳物だそうでして、継ぎ目がないらしいです。



    PICT5750.jpg 


    実際、発電機が回っているところも、
    直に見ることができました。

    危険な場所ではありますが、これが今回のハイライト。
    ここで30分ほど説明と案内を受けた後は、昼食になります。



    PICT5759.jpg 


    内閣閣議を思わせるような応接室に案内されると、
    料亭のお弁当が用意されています◎

    VIP待遇ですよね◎
    でも、昼食だけはお金を払ってありますが。

    いや、出してもらったという方が正解かも(笑)


    PICT5765.jpg 


    宇奈月から運んできているらしいですが、
    それだけでも結構な手間ではないかと思ったり。

    しかし、あまり時間がないので、急いで食べてから、
    更に隣の部屋にある、記念物や資料などを見て回ります。



    PICT5785.jpg 

    紅白の時に中島みゆきが来た記念の物もあります。
    こんなところまでご苦労様です。

    ちなみに中継するための機材は、トラック三台分だったとか。


    で、ここで見学は終了ということで、黒部ダムへ抜けることになります。


    PICT5827.jpg 


    発電所が、上部専用鉄道の終着駅なのですが、
    この先に、更にケーブルカーみたいなものがありまして、

    450mくらいを20分かけて登ります。
    黒部ダムから発電所に来る場合は、この乗り物で降りてくるそうでして、

    資材も25t載せられるとのこと。
    なんだか、山奥の地下にこんなのがあると思うと、

    秘密基地に思えてしまうのがアレですが(笑)

     
    PICT5835.jpg 


    この中で、中島みゆきの紅白出場の時のDVDを鑑賞し、
    到着すると、専用バスに乗り換えます。

    バスに乗って、黒部ダムへは約20分くらい。
    扇沢からくるトロリーバスのルートに合流すると、



    PICT6070.jpg 


    黒部ダムに到着。

    案内の人はここでお別れ。
    どうもありがとうございました。

    ちなみに案内人は扇沢に抜けて、宿舎で一泊し、
    翌日逆ルートでの案内に付くそうでして、これを年中繰り返しているのだとか。


    PICT5964.jpg 


    天気がよくて最高でした。

    何回か来たことありますが、何度来ても素晴らしい眺めですので、
    お読みのアナタも機会があれば、是非足を延ばしてみてください。



    PICT6134.jpg 


    ここからは一般客に混じって、室堂へ抜けて、
    散策した後、帰路につきます。

    少々寒かったですが、やはり山なので、多少の登り降りがありますから、
    場所場所によっては、汗をかくこともありました。



    PICT6340.jpg 


    立山からの帰りの電車は、関東地方のアナタには懐かしい、
    レッドアロー◎

    19時頃に帰宅して、写真の整理もそこそこに、
    ブログの記事を書いて、今日一日が終了。

    なかなか味わえないコースということで、
    面白かったですし、たまには気分転換になった一日でした。

    黒部ダムは来週くらいが紅葉の最盛期を迎えます。


    では、また★


    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ
    関連記事
    web拍手 by FC2

    この記事へのコメント

    - ナオヒロ - 2012年10月20日 00:25:09

    僕も、大学時代にワンゲル部で山登りに没頭してたのですが、僕が行ったのは、北アルプスでも南部にある穂高連峰や槍ヶ岳が山行の中心で北部はほとんど縁がありませんでしたね(笑)
    愛知県からですと、高山本線などで1日かけて他のパーティーが行った事があるのですが、僕はなかなか行けませんでした
    だけど、今度いつになるか分かりませんが、室堂平から剱岳に登りたいと思ってますので、その時にアルペンルートや黒部ダムも行ってみたいですね


    カノンさんのボディコン、ナイスです

    - kinop - 2012年10月20日 14:35:31

    あの車両はひょっとして京阪電車の特急車両ですか?
    だとしたら、まだまだ現役で頑張ってるんですね♪

    黒部ダムの見学会、私も何度か誘われていますが、未だその夢叶わず。
    これからの季節、紅葉もきれいでしょうし行く価値有りですね^^

    あと、果音さんって、立ち姿とてもきれいですね〜。
    スタイルもさることながら、姿勢が美しいです♪

    - 涼一 - 2012年10月20日 15:33:23

    ナオヒロさん

    どうもありがとうございます。
    山登りって、爽快感があってイイですよね。
    気持ちだけは好きなのですが、身体が付いて行かないというか(笑)

    山岳ドキュメントや遭難モノの本などはよく読みますので、
    結構興味あります。

    - 涼一 - 2012年10月20日 15:37:50

    kinopさん

    どうもありがとうございます。
    京阪電車3000形は、富山地鉄で元の姿に戻されて、
    田舎の女子高生を乗せて今日も走っています。

    黒部ダムは、「よくこんな所にこんなもの作ったよなぁ」っと、
    行く度に思いますので、是非一度◎

    あ、kinopさんはカノンさんのこの服をお気に入りのご様子ですね。
    どうもありがとうございます。

    - かもかも - 2012年10月20日 15:52:06

    ボディコンとサイハイブーツの光沢感がいいですね

    - DD - 2012年10月20日 22:55:11

    モデル様写真もさることながら、黒部ダム写真群、凄ぇ( ̄□ ̄;) 鋳物で継ぎ目が無い等など衝撃であります(^^)

    - 涼一 - 2012年10月20日 23:20:56

    かもかもさん

    どうもありがとうございます。
    ブーツ好きのかもかもさんに気に入っていただけたなら、撮った甲斐があります◎

    - 涼一 - 2012年10月20日 23:22:30

    DDさん

    どうもありがとうございます。
    あの大きな水車が鋳物ってすごいですよね◎
    とにかく、地下にあれほど大規模な施設を作るとは、
    日本の技術力を目の当たりにした感じでした、

    プロフィール

    涼一

    Author:涼一
    涼一のセクシー写真館へようこそ

    オリジナル写真でお届けします。
    (エロではありません。セクシーです)

    注)sexyphoto777のツイッターアカウントは当ブログと一切関係ありません。

    画像の著作権は涼一に帰属します。

    撮影のご依頼は受け付けておりません。

    画像の転載は、改変・加工せずに無料で閲覧できるサイトでしたら良識の範囲でご自由にどうぞ。
    (ご一報頂けると、ありがたいです)

    ブログよりもっとセクシーな写真を
    リンク
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブログ内の検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    バナー
    sexyphoto777.blog111.fc2.com/
    クリックすると300pxが表示されます
    URL引用せずにDLしてお使いください
    バナー製作:Anyo Clip
    アクセスカウンター
    累計訪問者数
    (2012/06/04~)

    現在の閲覧者数:
    その他のお知らせ
    撮影済み衣装のヤフオク出品 マイ・オークションをごらんください


    サンスポ掲載
    2012年12月22日(土)発行版

    web版はこちら→ADULTサンスポ

    夕刊フジ掲載
    2013年3月19日(火)発行版 img-328083653-0001.jpg