セクシー写真館1016(艦これ島風)


    img_228757_9377742_4_201608112132293ac.jpg 




    ご無沙汰しております。
     
    最近の涼一、なにをしているかというと、
    相変わらずアメーバピグで遊んではいるものの、
     
    ここのところ、「艦これ」二次創作などを鑑賞しています。
     
    それにしても「艦これ」
    すごい人気ですよね。
     
    それまで比較的地味だった軍艦プラモデルの売り上げは、
    ゲーム配信開始前と比較すると、なんと、
     
    5倍から10倍くらいまでにも跳ね上っているとかで、
    その人気のすさまじさを思い知らされるところです。
      
     
    それにしても、なぜこんなにウケるんですかね?
    とかいいつつ、自分がハマっていますから、
     
    なぜ「艦これ」ウケているのか。
    を今回は、自分なりに解析してみたりします。
     

     
    ・キャラデザインが、多数の手で描かれている。

    アニメでもゲームでも、キャラクターデザインというのは、
    通常、一人の人間がこなすものでして、
     
    例外的に「スペシャルデザイン」として別の人が一つ二つ程度の
    特別キャラクタを別枠で描いたりしますが、それでも概ねは違和感ないように
     
    主たるキャラデザインから、大きく絵柄が外れるようなことはありません。
    しかしながら、「艦これ」のキャラクタデザインは、
     
    パッと見からでも、絵柄が明確に違います。 
     
    装備などのコンセプトは統一されているのに、
    ここまで絵柄が全く違うというのは、なかなか他に無いモノでして、
      
    当初はその違いに不自然さを感じてしまうくらいです。
     
    普通なら。
     
    ですが、この絵柄の違いこそが、「飽きさせない」という現象につながっている。
    と、涼一は思っています。
     
    というのも、お察しのとおり、一人が描いた絵で絵柄や絵のクセが同じだと、
    一つ飽きてしまうと、全部飽きてしまいがち。
     
    ところが、絵柄が違うと、世界観とコンセプトは同じなのに、全く別のモノに見えてくるんです。
     
    最初「気に入った絵柄キャラ」があると、それ以外は目を向けないものですが、
    そのうち一つ見飽きてきた時に、他の絵柄を見ると、その中でのお気に入りを探してしまう。
     
    そうすると、それまで興味なかった「他の人が描いたキャラ」に愛着が湧いてしまう。
    キャラデザインは10人程度のデザイナーの手で描かれているので、
      
    そういった新鮮さが何回も味わえてしまう。
    そうなってくると、
     
    「なんであんなキャラが人気なんだ?」と思っていたものが、
    「人気あるわけだよな~!」となってしまうわけなのです。
     
     
     
    ・キャラクタは軍艦の化身。
     
    「軍艦を擬人化」の謳い文句どおり、
    出演しているかわいい女の子たちは「艦艇乗組員」ではなく、
     
    「軍艦そのもの」です。
     
    しかも、史実に存在した軍艦ですから、キャラクタは架空ではあるものの、
    存在自体は、実際にいた人(船)たちであるわけです。
      
    そして、現実世界で戦っていた人(船)たちですから、
    姿はかわいい女の子であるにも関わらず、来歴は建造年月日から始まって、
     
    どのような海戦に出撃して、いつ退役したのか、
    それらを探せば。すべて史実があるわけです。
     
    そこには、架空の話ではなく、史実が元ネタなどもある。
     
    例えば、重巡洋艦「足柄」は戦前、英国での観艦式に出席し、
    その姿を見た英国マスコミから、
     
    「Hungry Wolf(飢えた狼) 」と評されたわけですが、
    これは、武骨一辺倒で居住性の悪さを皮肉交じりに評したものの、
     
    当時の日本としては、良い意味で受け止めた。という逸話が残っております。
    その話を、擬人化した女の子に置き換えてみると、
     
    「飢えた狼」⇒「(男に)飢えた狼」⇒「合コンがうまくいかないアラサー女子」
     
    などとパロディ化されたりして、  
    想像は膨らむばかり。
     
    これ、素直に面白いですよね。
     
     
    そして、例えば「島風」が何故あんなに露出度の高い服を着ているか。
    そりゃあもう、日本の軍艦の中で「島風」が最速だったわけですから、
      
    普通よりは身軽な服装であるのは、これはもう必然的なわけです。 
    エロさを狙ったのではなく、最高速駆逐艦ですからそういう姿なのです。
     
    と、堂々と言えてしまうし、理由づけできてしまう(笑)
     

     
    ・リアルメカも、空想系メカも両方満足できる
      
    80年代中盤から始まったメカと女の子路線の「パワードスーツ」系のファン。
    そして、そういうのがあまり好みでなく、ドイツの戦車など史実のメカファン、 
     
    パワードスーツ系が好きなら、駆逐艦「夕立」のフィギュアなど、大喜びでしょうし、
    リアル系が好きなら、従来からの艦船モデルの駆逐艦「夕立」を作ってみればいい。
     
    どっちも同じ駆逐艦「夕立」なわけですから、まったく別の系統の趣味でありながら、
    一つの物語を楽しめてしまう。
     
    この懐の深さが、「艦これ」の力ではないかと思ったりします。
     
    ちなみに、涼一も小学生のころ、ウォータラインシリーズを
    なけなしのおこずかいから買って、作っておりました。
      
    こんな時代が来るなんて(笑)
     
     
     
    あ、好みですか?
    「摩耶」改二です(笑)
      
    では、また★





     
    PICT1485.jpg 
     
     
     

      
     PICT1460.jpg 
     
     
     
     
      PICT1785.jpg 
      
    img_228757_9450920_3_20160811213231fdf.jpg 
    MINOLTA AF 28mm/f2.8
    20120614234850bde_201608112132285bc.jpg 


    にほんブログ村 写真ブログ 下着女性・水着女性写真(ノンアダルト)へ
    関連記事
    web拍手 by FC2

    この記事へのコメント

    - DD - 2016年08月12日 00:37:33

    にゃるほど〜 かような理由でハマる人が多いんですかぁ( ̄  ̄;) ゑ? 儂? 私ゃ あの! 平賀曲線がぁ〜! とかの変態ですけん(^^;)ゞ

    プロフィール

    涼一

    Author:涼一
    涼一のセクシー写真館へようこそ

    オリジナル写真でお届けします。
    (エロではありません。セクシーです)

    注)sexyphoto777のツイッターアカウントは当ブログと一切関係ありません。

    画像の著作権は涼一に帰属します。

    撮影のご依頼は受け付けておりません。

    画像の転載は、改変・加工せずに無料で閲覧できるサイトでしたら良識の範囲でご自由にどうぞ。
    (ご一報頂けると、ありがたいです)

    ブログよりもっとセクシーな写真を
    リンク
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブログ内の検索
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    バナー
    sexyphoto777.blog111.fc2.com/
    クリックすると300pxが表示されます
    URL引用せずにDLしてお使いください
    バナー製作:Anyo Clip
    アクセスカウンター
    累計訪問者数
    (2012/06/04~)

    現在の閲覧者数:
    その他のお知らせ
    撮影済み衣装のヤフオク出品 マイ・オークションをごらんください


    サンスポ掲載
    2012年12月22日(土)発行版

    web版はこちら→ADULTサンスポ

    夕刊フジ掲載
    2013年3月19日(火)発行版 img-328083653-0001.jpg